正しく産業廃棄物処理を行うには専門業者選びが大切

男女

このごみの捨て方は

工場

簡単に捨てられないものも

現在の法律では、事業所から排出される廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物に分かれています。しかし、一般的な事務作業中心の事業所にあっては、これらの区分けが難しいことが多いです。産業廃棄物に当たるものを、一般廃棄物として処理してしまった場合には、法律違反として行政処分を受ける可能性もあるのです。適正な処理を行うためには、身近なところでは近隣の保健所へ相談することをおすすめします。保健所では、廃棄物処理業の許可事務や、廃棄物の適正処理に関係する業務を行っているため、そういった相談に対応する窓口が整備されています。例えば、紙ごみであっても、印刷業から排出される場合には産業廃棄物ですが、それ以外では一般廃棄物となることが多いなど、様々な相談が可能です。

業者を選んだら

産業廃棄物処理は、収集運搬と中間処理業者のそれぞれと、必ず契約書を結ぶ必要があります。業者は、産業廃棄物処理に関する許可を持っているために、契約書には許可証の写しを添付することが義務付けられています。必ず、適正な許可業者であることを確認しましょう。保健所では、産業廃棄物処理の方法や流れについても教えてもらうことができます。一般廃棄物と異なり、産業廃棄物処理はマニフェストという管理票で管理を行い、収集運搬から最終処分までが適正になされていることを確認するシステムがあります。マニフェストは、収集運搬、中間処理、必要に応じて最終処分のそれぞれが終了する度に、その控えが排出事業者に渡されます。それらを活用し、適正な処理を行うことが排出事業者としての責任です。

環境を考える

作業員

混合廃棄物は主に建築現場から排出される、様々な素材の混じった廃棄物です。リサイクル法制定後、削減目標が定められ、発生する割合が抑えられるようになりました。また、環境の負荷を軽減するだけでなく、実践した企業にも廃棄コストや購入コストが下がるといった実際的なメリットもあります。

Read More..

責任を持つことが大事

作業者

産業廃棄物を処理するのは大変で、きちんと責任を持たなければなりません。きちんとした産業廃棄物処理業者を選ばなければ、自分たちが出した産業廃棄物が環境破壊に加担していたことなどに繋がる可能性もあります。国、自治体が許可しているからって安心するのは危険です。

Read More..

産廃処理を正しく行う

メンズ

廃棄物処理を行う際には、まずどの廃棄物処理業者を選択するかということが重要なポイントです。適正な処理を行う業者に業務を委託した上で、廃棄物管理票への記入をしっかりと行って、正しく処理しなければなりません。

Read More..