正しく産業廃棄物処理を行うには専門業者選びが大切

男の人

環境を考える

作業員

建築現場から出る廃棄物

混合廃棄物とは、主に建築現場で使用される言葉です。建設現場や解体現場では、様々な廃棄物が発生しますが、木くず、廃プラスチック、金属のくず、紙くず、段ボール、石膏ボード、ガラス、陶磁器、コンクリートのかけら、塩化ビニール管といった様々な素材が混じり合ったものを言います。平成12年に制定された建設リサイクル法。これ以前は廃棄物を分別しないミンチ解体が主流で、多くの混合廃棄物が排出されていました。リサイクル率は20%程度。その後リサイクル推進計画が策定され、排出量の削減目標が設定され、分別解体が義務付けられるようになり、混合廃棄物の発生は抑えられるようになりました。排出した場合も、品目について明記する必要があるなど、厳しい対応が求められます。これにより、混合廃棄物の排出が減り、環境への負荷が軽減されました。

削減がお得に繋がる

リサイクル法があるから、混合廃棄物の排出量を抑えなければなりませんが、実行する側にもいくつものメリットがあります。まず、分別することで、処理業者が処理しやすくなり、混合廃棄物の状態よりも委託する処理費用を削減できます。それだけではなく、有価で売却できるものが増え、収益にもなります。また、資源の再利用を行うことで、材料購入費が削減できます。さらに、現場が整理され、清潔になり、労働環境の改善になります。そして、環境に優しい企業であるということをアピールすることにより、企業イメージの向上が期待できます。がれきやコンクリート破片を粉砕し、再生路盤の素材として再利用するなど、自社で再利用の工夫をするところが増えています。